さくらノート横浜・横須賀・川崎版 vol.16
13/20

取材協力夢を叶える道は一本じゃない仕事は与えられたチャンスすべてあなた次第今この時間をどう使うかは私は高校時代、プロの指導者に学べる地元のブラスオーケストラでチューバを習い、生徒会長を務め、1カ月のカナダ留学にも行ってきました。今になって、その出会いと経験が自分となり、お客様や会社の仲間とのコミュニケーションにも活きているなと感じます。今の時間を「価値あるもの」にできるかは自分次第。是非、色々なことに挑戦してください!この手で世界をつなげていきたい私らしい国際貢献のカタチは、学生時代の留学体験。大学2年で訪れた東アフリカのウガンダ共和国で一年間、「ABC」も分からない、鉛筆を持ったこともない現地の子供たちに、NGOの一員として読み書きを教える識しじ字教育を担当しました。元気いっぱいの子供たちの真っ直ぐな笑顔を見ているうちに、将来は海外で国際貢献につながる仕事に就きたいと夢が膨ふらみましたね。ぐ海外へ行って、私に何ができるだろう」とモヤモヤ…。そんなとき、このオンザウェイに出会いました。料を作ろうと企画したり、環境をテーマに社内でエコ活動を始めようとしたり、自分の仕事以外にも積極的に挑戦する先輩の姿。ここなら色々な力を身につけられる!と感じ、新たな道へ踏み出す決意をしたんです。私の人生に大きな影響を与えたのでも、いざ就職活動となると「今すそこで目にしたのは、会社のPR資入社2年目、先輩に『アフリカ開発会議』の現場を任せたいと言われたときは、迷わず手を挙げました。私たちが扱う無線機は、こういった大規模なイベントで運営スタッフの方々の手に渡り、会議や会食、パーティなどがスムーズに行われるよう、重要な役割を果たしているんです。やるからには「まだ新人」という言い訳は通用しません。重たい機材を担いで行って電波をテストし、会場ごとに混線せず通話できるよう周波数を確認。初めて感じる大きなプレッシャーと闘たかいながら、なんとかトラブルなく会期を終えたときには、心の底からホッとしました。この仕事は、思い描いた国際貢献の形とはちょっと違いますが、〝そこにいる人たちを精一杯支える〟ことに変わりはありません。もっと自分を磨いて、「この仕事は櫻井さんに」と頼ってもらえるようになりたいですね。の糧たくき い櫻さくらよう(29歳)さん出身校:小出町立小出中学校(現魚沼市立小出中学校)、新潟県立六日町高等学校かて 株式会社オンザウェイ〒194-0013 東京都町田市原町田5-14-18Tel. 042-722-3611URL http://www.ontheway.co.jp/■代 表 者 代表取締役 野中 元樹■設  立 平成3年■従業員数 45名無線機の販売・リース・レンタルおよびサービス&サポート。オフィス用品の通信販売アスクル。無線機は全国10,700事業所でご利用いただいています。11株式会社オンザウェイ2WAYリースマーケティング こ無線機業営 陽 井 子

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る