さくらノート横浜・横須賀・川崎版 vol.16
7/20

中中これまでの道のりこれまでの道のり私の選んだキャリア進路選びのアドバイス私の選んだキャリア進路選びのアドバイス■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 中学3年生の頃、「高校どうする?」と相談する同級生たちのなかで、初めて自分の将来を真剣に考えました。ただ高校卒業の資格を取りに行くのはダメだと思い、それならどんな仕事でもいいから働いて一人前になりたいと、一足早く社会に出ることにしたんです。18歳で免許を取って車を買って、20代には一人暮らしをして…。実際どれだけ■■稼 工事現場で使われる仮フトの技術が身につき、経済的な自立ができたこと以外にも、礼て大切な能力を鍛げて、どれだけの金額が必要になるのかも、自分なりに予測して考えました。えてもらったように思います。 大学に進学したいと考えているなら、何を勉強したいのか、学費はいくらかかるのか、是非一度考えてみてください。そのうえで学ぶことができれば、勉強だけでなく、教授や仲間との人脈や、たくさんの経験を積むことができると思います。就職を考えているなら、是非今から先輩社会人の挫折や失敗談を聞いてほしい。誰もがそれを乗り越え成長していくことを知っていれば、仕事でつまづいたとき、立ち直るヒントになるはずです。 小さい頃からゲームが好きで、「中はどうなってるんだろう」とゲーム機そのものを分解したことも…。ですから工業高校に進学したのも、ごく自然な選択だったと思います。 ミナロは、ケミカルウッド(人工木材)を用いて鋳物を製造する際のモックアップ(模■■具」型)を製作したり、製品が設計図や指定された品質かどうかを検査するための「測定冶を手掛ける町工場。普段はものづくりの黒子役ですが、職場は「造りたいモノを造れる」環境。職人さん力作の大きなロボットや漫画のキャラのフィギュアも並んでいます。今は自分の仕事で精一杯ですが、私もいつかSFゲームに出てくる武器とか自分で造ってみたいですね(笑)。社長や先輩も「面白いね」って背中を押してくれています。 社会人になってつくづく感じるのが、資格にしても経験にしても“自分にできること”を増やしていくことの大切さ。そのためには、まず“なんでだろう?”と疑問に感じる力が必要です。私は高校を卒業してすぐ就職しましたが、大学に進学するなら、自分の知りたい、研究したいことをとことん学んだんじゃないかなと思います。できることが増え自分が成長すれば、それが将来、お金を稼ぐ力になる。生きていくための大切な力だと思います。場)を管理するこの仕事に就いて5年目。フォークリ儀やマナーなど、人とし設資材(足   私の進路の選び方5■■■■■■■■■■■川崎市立東橘中学校株式会社ファームマネージメント横浜市立港南中学校神奈川県立磯子工業高等学校 機械科株式会社ミナロ株式会社ファームマネージメント 仮設機材管理事業部住所:横浜市都筑区茅ヶ崎中央19-9 澤田ビル5階URL:http://www.firm-management.co.jp/株式会社ミナロ 製造部住所:横浜市金沢区福浦二丁目13番地34URL:http://www.minaro.com/村 零島 たつき さん (18歳)治 さん (19歳)どんな仕事を選んだとしても自分の決断に間違いはない学ぶ価値を知るために自分から情報を取りに行く「やりたいことをやる!」を叶えてくれる場所へ“なんでだろう?”と思うことを突き詰める荷役フォークマン機械加工エンジニア

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る