さくらノート横浜・横須賀・川崎版 vol.16
9/20

これまでの道のりこれからの道のり私の選んだキャリア進路選びのアドバイス私の選ぶキャリア進路選びの準備■■■■■■■■■ “将来の自分”を意識したのは中学3年生の頃。地元を離れ自立して、一人暮らしもしてみたいと考えた私は、手に職をつけて就職するのが一番と思い、工業高校に進学しました。 今私が担当しているのは、プロが扱う放送用カメラ等の中枢に組み込まれるプリント■■■基板に、抵抗器やLEDなどの電子部品を手作業ではんだ付けする工程。電子科で学んだ電気機器の回路図の仕組みや結線方法などが、仕事にも活きています。 製品によっては一枚の基板に何百、何千もの電子部品を実装しますから、多くの工程は機械化されていますが、最後は人の手。目には見えにくいけど、人々の暮らしを豊かにする“一部分”になれていることの喜びを実感しています。 中学生の頃は勉強が苦手でしたが、工業高校にはものづくりが好きな仲間が多く、刺激を受けるうちに学ぶことが楽しくなってきました。そして入社前に工場見学に来たとき、「ここなら自分の学んできた知識をもっと伸ばすことができる」と思えたことが、就職の決め手になりました。仕事にも言えることですが、今は“苦手”と思う事でも、頑張って“得意”にすれば自信になる。皆さんにも、そんな何かを見つけてほしいですね。   私の進路の選び方7氏名:■■■■■■中学校高 校大 学仕 事むつ市立大平中学校(青森県)青森県立むつ工業高等学校 電子科株式会社シーエス工業これからの道のりを イメージして書いてみよう!株式会社シーエス工業 製造2課 リーダー住所:平塚市西真土1丁目4番地59号URL:http://www.cs-kogyo.co.jp/三上 華蓮 さん (20歳)故郷を離れて手に入れたのは確かな技術と自立への道「卒業してからも学びたい」そう思えるものを見つけて将来やってみたいことや今興味があることを書き出そう!将来に向けて、今できることや学んでいきたいことを書き出そう!基板実装技術者未来の私

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る