さくらノート横浜・横須賀・川崎版vol.18
14/20

好きなことに関われる喜び「今、この時」のために夢を叶える道はひとつじゃない目には見えない信頼を重ねては、体力をつけるため色々な運動を経験しました。水泳にサッカー、テニスを習い、バスケや野球、スキージャンプなど、テレビ観戦も大好き。テニス選手になる夢は早々に諦あめましたが、スポーツは私にとって生活の一部。少しでもスポーツに関われることを仕事にしたいと考えていました。たのがオンザウェイ。スポーツ大会や夏フェスなどのイベント会場でスタッフ同士が連絡を取り合う無線機を扱っている会社で、先輩たちがキビキビ働く姿が印象的でした。2002年のサッカーワールドカップにも携わったという話を聞き、スポーツを裏方として支えるという道に踏み出そうと決意。「いつかオリンピック級のビッグイベントに携わる」という新たな夢を掲かげ、社会人としてのスタートを切りました。子どもの頃ぜんそく持ちだった私そんなとき大学の教授に紹介されきら舞ぶい台〟なのだと痛感しました。かた どれ せとき瀬樹たずさスポーツ関係の仕事を任せてもらえることが多く嬉うしい反面、現場は緊張の連続。入社2年目で、1日に300台もの無線機を稼かう働させるマラソン大会を担当したときは、入念に準備したにも関わらず、開始直前に電波が入らないトラブルが発生しました。翌年にはレンタル台数が減ってしまいましたが、3年間提案を続け、少しずつ信頼を回復してきました。このとき改めて、お客様が無線機を手にするのは〝その時限りの特別な最近ではイベントを運営するお客様側の視点でも知識の幅を広げようと、「スポーツイベント検定」にもチャレンジしています。次に目指しているのはもちろん、2020年の東京オリンピック。お客様だけでなく、同じ会社のメンバーからも「瀬戸に任せておけば大丈夫」と言ってもらえるまでに成長していきたいですね。仲間と粘ねばり強く取り組んでみよう私の中学・高校6年間はテニス部に捧と言っても過言ではありません。スランプや辛いことも沢山ありましたが、終わらせることは簡単で、辞めるだけです。そこから粘ることが大事で、部員のみんなでアドバイスし合ったり、試合で声掛けをしたりして乗り越えてきまとげた経験は社会人にした。仲間と共に成し遂なってからも活きていると思いますね。げた取材協力12(29歳)さん株式会社オンザウェイ〒194-0013 東京都町田市原町田5-14-18Tel. 042-722-3611URL http://www.ontheway.co.jp/■代 表 者 代表取締役 野中 元樹■設  立 平成3年■従業員数 45名無線機の販売・リース・レンタルおよびサービス&サポート。オフィス用品の通信販売アスクル。無線機は全国10,700事業所でご利用いただいています。 出身校:日本大学第二中学校(東京都) 、日本大学第二高等学校(東京都)ささ無線機業営株式会社オンザウェイレンタルマーケティング なる戸 成

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る