さくらノート横浜・横須賀・川崎版vol.18
15/20

取材協力■■■■■■■■■■■■13市立川崎高校の生徒です♪プロフィール多田 愛梨 さん 川崎市立川崎高等学校定時制3年将来はデザイン系の仕事に就きたいと思っています。顔のイラストも私が書きました♪ もともと料理が好きで、調理の仕事に興味があり、ブタまんを販売している江戸清を希望しました。体験前は中華街という事で、お店が多く立ち並んでいるため、狭い作業場を想像していましたが、広く作業しやすいことに驚きました! 店長さんや、作業リーダーの武尾さんにお仕事を教えていただく中で、相手と気持ちよく話すためには、笑顔で接することが大切だと学びました。 初めてこの仕事を体験しましたが、商品を手作業で箱詰めするのは達成感があり楽しく、自然と笑顔で働くことができました。私たちもお腹が空いてきたなぁちゃんと質問できるかな私たちが取材しました!江戸清では、どのような商品を提供していますか?仕事で大変だったことはありますか?株式会社江戸清中華街本店武尾 祐里さん江戸清のインターンシップに参加した理由はなんですか?この体験を通じて感じたことを教えてください。川崎市立川崎高等学校定時制3年保曽井 優羽さん編集後記株式会社江戸清〒236-0003 横浜市金沢区幸浦2-1-9 Tel. 045-791-1611 URL http://www.edosei.co.jp/■代 表 者 代表取締役社長 高橋 伸昌 ■創 業 明治27年(1894年)■従業員数 250名「ブタまん」をはじめ、精肉・食肉加工品・ソース・フィリング・中華惣菜・中華点心を製造販売。創業120年を超える横浜生まれ、横浜育ちの会社です。 今回取材させていただいたのは、江戸清に勤める武尾さんと、インターンシップで職場体験に来ていた高校生の保曽井さん。 社会人の仕事に向き合う姿勢と、高校生が感じた江戸清の魅力を総力取材しました! 発売以来変わらない味のブタまんをはじめ、シウマイや餃子、焼豚や小龍包など幅広く取り扱っています。 私のオススメはフカヒレ焼餅(シャオピン)。外はモチっとしていて、中からはたっぷりのフカヒレが■ 入社して2年目、仕事に慣れ始めた時に、一瞬の気の緩傷を負ってしまったことがありました。それからというもの、何をやってもミスばかり・・・。このまま仕事を続けて良いものか悩む時期もありました。  そんな時、先輩から「初心を忘れないように」とアドバイスをいただいたことで、気持ちを切り替えることができ、こうして仕事を続ける事ができています。 まだまだ勉強の途中ですが、いずれは店長になり、今以上に「美味しい」で中華街を笑顔にしていきたいです。プロフィール川上 大輔 さん 川崎市立川崎高等学校定時制3年頑張っている教科は国語。取材を通じてコミュニケーション能力を学びにきました!り物としても大変喜ばれているんですよ!れ出てきます。贈 取材は緊張しましたが、事前に教わった“心構え”や“効果的なあいづち”を実践できたこうことができました。とで、スムーズにお話を伺 これからは自分に自信を持って、何事もまずは取り組んでみようと思います。 川上大輔みから火 人と話すのが苦手で、取材に対し不安がありましたが、取材の前日に質問の内容の準備をしたり、聞き方を教えていただき、気持ちの準備ができました。 取材中頭が真っ白になることもありましたが、こうして記事が書けて、貴重な体験ができ良かったです。多田愛梨「社会人」×「高校生」チャレンジ! 高校生ライター

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る