さくらノート横浜・横須賀・川崎版vol.19
10/24

■中■ ■    8まなぶはたらくたとえ一つの技術でも、集結すれば空も飛べるみらいの姿が見える場所みんなの暮らしを支える様々な専門技術。そのためのスキルを身につけられるのが「かなテクカレッジ東部」です。今回は吉光工業で働く修了生にお話を聞き、かなテクでの学びがどのように仕事で役立っているのか伺いました!高校卒業後、医■■療の専門学校に進学しましたが、その仕事をする自分の姿が想像できず退学、近所のカー用品店でアルバイトをはじめました。初めは車に興味はなかったものの、部品や構造に関する知識が増えるにつれ、漠■■然とパーツを創り出す仕事に興味を持ち、かなテクで技術を身につけたいと思ったんです。た工作機械の操作や、やすりで平面を出す手仕上げ加工を学び、「こうやってパーツは作られていたのか!」とモノづくりの魅■■力にのめり込んでいきました。〝ゴォー〟という切■削音や、機械油の香■■り。将来働く姿のイメージも湧■き、勉強のモチベーションも上がりましたね。私の担当はボール盤を操作する穴あけ加工。開けたら最後、元には戻■せないので、加工前はいつもドキドキ!図面に書かれていないノウハウやコツが潜■んでいるからこそ、技術と経験がモノ言う仕事です。NC旋■■盤やマシニングセンタといっ■■■■■■■■■■■■■吉光工業は、人工衛星を打ち上げるためのロケットや、航空機に使用される部品の加工を手掛ける会社です。100%受注生産のため全てが特注品。多くても数百個から最小で一個を作る多品種少量生産を得意とし、高精度・高品質・高付加価値なモノづくりをしています。社員78名のうちなんと34名が職業技術校の修了生!「私はこの先生に教えてもらったよ」と共通の話題もあり、学ぶ環境が同じだったからこそ分からない事も安心して相談できます。私たちが造り出す製品が目に留まる機会はありませんが、確かな絆■■が日本の最■先端技術を支える一■■翼を担っているのです。■■■■■■■(精密加工エンジニアコース※) 機械加工  ■■■■平成26年3月修了 2級機械加工技能士(普通旋盤作業)2級機械検査技能士出身校:横浜市立霧が丘中学校(現市立義務教育学校霧が丘学園中学部)    神奈川県立市ヶ尾高等学校本社・川崎工場〒215-0033川崎市麻生区栗木2-2-17相模原工場〒252-0132相模原市緑区橋本台3-4-30URL: https://www.yoshimitsu-inc.jp本社社屋※旧マシニング&CAD/CAMコース私たち全員、職業技術校の修了生です!村 むつみさん (30歳) 相模原工場在籍取締役社長 坂■■■■本 一■■■■明さん株式会社 吉光工業実は私も修了生です!

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る