さくらノート横浜・横須賀・川崎版vol.19
16/24

志(26歳)さん地面の下からみんなを守る〝成果〟を実感できる喜び一回のつまずきで「できない」と思わない学生の頃数学は得意だったのですが、立体図形の分野でつまずいたことをきっかけに、成績は落ちる一方。一つの苦手が、数学全体への苦手意識に変わってしまったんです。でも仕事では一部分ができないからといって、全てを投げ出すわめる前に分かる部けにはいきません。諦分を見つけてコツコツ努力を重ねていけば、それが自信につながっていくはずです。人々の暮らしを守る仕事を土台から支える存在になりたいない様々なライフラインを支えています。例えば、古くなった水道管を補修し漏ろい水や断水を防いだり、電線を地中に埋うめ、災害時に電柱が倒とい壊する危険を回かひ避する。このような公共工事は国や県などから発注され、複数の業者が「入につ札」という方法で工事金額などを見積り、落札することで工事を請うけ負う仕組みになっています。一手に担う総務部で働く私は、主に入札のための申しい請書しい類を揃そえたり、落札後の契け約書の準備に工程スケジュール表の管理、完了後の報告書の提出などを担当しています。「地面の下の工事は、その上に住む人々の生活を豊かにする」。これは入社時に聞いた社長の言葉ですが、その大事な工事にあたる現場のスタッフたちが〝当たり前に働ける環境〟をつくるのが、私の仕事なんです。岡村建興は皆さんの生活に欠かせ会社の中でも事務的な手続きをうすうかゅうさんせょるいやくしょ何の知識もなく建設業界に飛び込んだ私には、すべてが初めてのことだらけ。入社3カ月目に建設業許可の申請を任されたときは苦労しました。これは一年に一度神奈川県に対し行う申請で、これが受理されないと、会社として工事の仕事を請け負うことができなくなってしまうのです。記きい載項こく目も多く、どこか一つでもミスがあると全体的な修正が必要になったりと、かなり厄やい介。県の担当部門の方にミスを指しき摘される度に、知らない専門用語をメモして調べたり、一つずつ解決していきました。2か月ほどかけてようやく受理されたとき、社内でも申請完了を報告する書類が回覧され、上司たちの印鑑がズラッと並んでいるのを見た瞬間、「やっと終わった…!」と肩の荷が降りた気分になりました。街の中で日々工事ができることこそ、私にとっては大きな〝成果〟なんです。うもっかろてさい 塚取材協力つかはらあつし14岡村建興株式会社〒210-0852 川崎市川崎区鋼管通4丁目5番3号Tel. 044-344-5441URL http://okamurakenkoh.jp/■代 表 者 代表取締役社長 岡村 清孝■設  立 昭和22年■従業員数 144名一般土木・舗装・上下水道・とび土木・石工事の他、電気通信工事、道路用・建築用コンクリート製品の製造など、私たちの生活に欠かす事のできないライフラインを支えています。 出身校:攻玉社中学校(東京都)、攻玉社高等学校あきら岡村建興株式会社総務部 土木工事務総原 篤

元のページ  ../index.html#16

このブックを見る