デジさく 横浜・横須賀・川崎版
85/88

*2…設計時に試作される模型*1…主にポリウレタンなどを使った人工木材かせどんよく取材協力もずドャ 中モノづくりに魅せられてもっと深く、もっと楽しく磨いていこう生きていくための力を社会人になるときに意識したのは、資格や経験、知識など“自分にできること”を増やぐ力」につながるというすことが、「お金を稼こと。職場では新米ですが、気持ちはいつで欲に、先輩たちにも負けなもストイックに貪いくらいの技術を身につけたいと思っています。皆さんも社会に出るまでに、「生きていく力」をどんどん高めていってください。町工場は私の夢を叶える場所やりたいことがたくさんあります懐中電灯やゲーム機を分解したこともありましたね。ですから工業高校に進学したのも、ごく自然な選択だったと思います。クラスに女子は少なかったけど、自分で描かいた設計図をもとに旋せん盤と呼ばれる工作機械で金属を削けったり、炉ろで熱した鉄を叩いてナイフを造ったり、一つひとつの技術を身につけるのがすごく楽しかったですね。の頃。学校で開催された会社説明会に社員さんが来てくれて、業務の他にも映画を作ったり、全国の町工場と協力して「製造業コマ大戦」というイベントを立ち上げたりと、聞けば聞くほど面白そうな会社だなと思いました。当時ミナロは高卒の採用をしていなかったようですが「ここで働いてみたい」と思う気持ちが強くなり、仲間に加えてもらう事になったんです。小さい頃から機械に興味があって、ミナロとの出会いは、高校2年生んば鋳いの物を製造する際のモックアップを製ミナロは、ケミカルウッドを用いて作したり、製品が設計図や指定された品質かどうかを検査する「測定冶じぐ具」を手掛ける町工場。発注された図面を3DCキADで製図したり、マシニングセンタという大きな工作機械を操作するのはまだ不慣れで緊張の毎日ですが、一点ものの特注品も多いので勉強になります。普段は製造業のモノづくりをサポートする黒子役ですが、ミナロは「造りたいモノを造れる」環境。職場には、休日や手が空いた時間に職人さんが自作した大きなロボットや漫画のキャラのフィギュアが並んでいてワクワクします。私もいつかSFゲームに出てくるような武器を造ってみたい(笑)。社長や先輩が「面白いね」って背中を押してくれると、ミナロを選んでよかったと心から思うんです。*1*22017出身校:横浜市立港南中学校、神奈川県立磯子工業高等学校じまなか株式会社ミナロ〒236-0004 横浜市金沢区福浦二丁目13番地34Tel. 045-784-6692URL http://www.minaro.com/■代 表 者 代表取締役 緑川 賢司■創  業 平成14年■従業員数 11名木型・モックアップ・モデル製造、検査治具製造、ケミカルウッド材料販売等。ミナロはモノづくり企業を応援しています!株式会社ミナロ製造部 機械加工エンジニア 島 たつき(18歳)さん

元のページ  ../index.html#85

このブックを見る