デジさく 横浜・横須賀・川崎版
99/102

取材協力「人が好き」が原動力想いをつなぎ、共有する人の手と手で紡ついでいくのはあたたかな絆きとチームワークりょ魅みく力的に感じられたんです。『花かり織たま東』は、介護を必要とされる方々が日帰りでお食事やレクリエーションを楽しんだり、宿泊することもできる施しつ設。私はこの会社に勤めて4年となりますが、以前はファッションや雑貨を扱あうアパレル業界で働いていたんです。楽しく、憧あがれの東京で仕事がしたいと大阪から上京。でも、結婚して子供が生まれたことを機に自分や家族の将来を考え、いつかは必ず向き合うことになる“介かご護”について学びたいと、思い切ってこの業界に飛び込みました。したらいいのか戸とど惑いましたが、「どうしたら笑顔になっていただけるか」を考えることは、アパレルの仕事も介護も同じ。人と接することが大好きな私にとって、じっくりと時間をかけて寄り添そえるこの仕事は、ものすごく大好きな洋服をご提案する接客は入社当時はご利用者様とどうお話つか抱かえ込んでしまうと大変ですが、みまかいこせお 渡こなずむ私は小学生から中学・高校と、ずっとバレーボール部でキャプテンを務めてきました。先頭に立って引っ張るより、仲間たちの間に立つ“つなぎ役”になることが多かったように思います。職場ではこの4月から施設長を任されることになり、介護の現場以外にも、認知症に関する知識や他の施設の事例を学ぶ研修、介護に関する法律の勉強会に参加するなど、“いち介護スタッフ”という立場から、施設全体の運営や管理を担うリーダーへと意識が大きく変化しました。入浴やお食事の介助などは一人でんなで助け合えば楽しめるもの。自分が身につけた知識や経験は惜おしみなくスタッフに伝え、チームの力にしていきたい。ご利用者様とそのご家族、そしてスタッフが“笑顔でつながる”施設をつくるのが、これからの私の目標です。夢が見つからないなら、勉強を頑張ってみよう!10代では、まだ将来の夢が見つからないという人も多いと思います。そんなときはまず、張ってみて下さい。皆さん目の前の勉強を頑にとって今やるべきことの一つですし、やらなければならないのなら、出来た方が絶対楽しい。何かを頑張った経験は自信につながりますし、「勉強して損をした」という大人はいないはず。自分の“可能性”が広がると思います。出身校:豊中市立第一中学校(大阪府)、大阪府立刀根山高等学校なべゆうわた(41歳)さん株式会社日本アメニティライフ協会〒227-0047 横浜市青葉区みたけ台5-10Tel. 045-978-5051URL https://jala.co.jp■代 表 者 代表取締役  江頭 瑞穂■創  立 平成8年■従業員数 2900名ご利用者様に「安全・安心・清潔をベースに笑顔のある生活」をご提供するため、首都圏を中心にグループホームなど約150ヵ所の「介護事業所」を運営しています。2019がんば株式会社日本アメニティライフ協会花織たま東 施設長介護施設長 邊 優 子

元のページ  ../index.html#99

このブックを見る